2011年10月29日

再開します

長い間、更新をしませんでした。
3.11の大震災が起こったとき、院長室でゆれを感じました。
午後の診療が始まり、診療終了後に医師会の勉強会へ直行。
帰宅してTVのニュースを見て・・・・。絶句でした。
多くの方がまだ生きたいと思い、恐怖の中で津波にのみこまれ、力尽きて亡くなった。
自然災害の怖さ、人間の無力さ、生命のはかなさ、生きていることの奇跡、いろいろな言葉が脳裏に浮かびました。月並みな言葉ですが、この場を借りて、お亡くなりになった方々のご冥福をお祈り申し上げます。

小説「カシコギ」は読んでいませんが、以前何かの本に紹介されていた、
「あなたが虚しく生きた今日は、昨日死んでいった者が あれほど生きたいと願った明日」
の文章が、思い浮かびました。
これから、毎日、何を思い、どう生きるのか? 自分の中で何が大事なのかを考える日が続きました。

7ヶ月が経過して、何人かの方にブログの更新は?と催促され、また自分もそろそろ更新しても良いかなと感じました。

おそらく頻回には更新できないと思いますが、お時間のある方は拙文にお付き合いください。

posted by hide at 22:39| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
色々とお世話になっています。今、入院中にて改めて院長プログを読まさせて頂きました。今朝を迎えられた事に、先生はじめ多くの皆様の御縁に感謝しています。私自身も今迄、当たり前の如く今日、明日が有る物と思っており特に意識する事なく何気ない日々を過ごしていた気がします。思いがけない出会いから、助け合い生かされる事が御縁です。と話を聞いた事が有りました。私も御縁を通じて、今度は多くの方々に私なりのお返しが出来ればいいなと感じています。改めて、皆様との御縁に感謝です。ありがとうございました。
Posted by 竹本万寿 at 2016年11月13日 09:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/49574022

この記事へのトラックバック